人と人とのつながりが、仕事の生命線。
まわりの期待に、
きちんと応えられる人になりたい。

特販部

永吉 理

Michi Nagayoshi

平成25年4月入社

食べること、という行為が大好きで、就職するなら食関係の会社と思っていました。就活の時に社長の話を直接聞く機会があり、直感で「ここで働きたい」思いました。だから試験を受けたのは大同青果一本です。入社して3年になりますが、
上司や先輩、買い手様、生産者様に支えられながら、毎日楽しく働いています。
就活中の自分の判断が間違ってなかったと、あらためて思います。わたしの仕事は、野菜の契約販売が中心。ミニトマト、トマト、柑橘の不知火を担当しています。生産者様と販売店様と契約を結び、価格や数量を中長期で計画。安定して販売します。

この部署に配属されて日が浅いですが、朝の競りを担当させてもらうようになりました。競りをするようになって、たくさんの買い手様と仲良くなれました。
わたしが食べることが大好きだとよくご存知で、毎日のようにお菓子などの差し入れをいただきます。生産者様のもとにも、足繁く通うように心掛けています。
最初はあまり話せなかった人でもどんどん仲良くなって、わたしが困っている時に助けていただいたことも何度かあります。人と人とのつながりが、この仕事のすべて。まわりの期待に、責任感をもって応えられるよう、今後もがんばりたいと思います。

一覧に戻る