代表挨拶

MESSAGE

技量、人間性、 すべてにおいてめざすのは 「九州一の卸売り」。技量、人間性、 すべてにおいてめざすのは 「九州一の卸売り」。

現在、国産野菜で見ると約90%が市場を通って流通しています。世の中が変化するなか、市場流通は減少しているような印象がありますが、実はほとんどが市場を通って流通していることになります。売上げで見ると、30年前は4兆円市場でしたが、現在は3兆円と減少。そのなかで、熊本大同青果は取り扱いも、利益も伸ばしている会社です。
この25年間、定期採用を続けているので、社員の世代断層がないのも特徴です。先輩から後輩へ、きちんとした形で業務が引き継がれていることになります。そのなか、わたしたちがめざしているのは「九州一の卸売り」になること。売上げだけではなく、社員の人間性、技量、すべてにおいて九州一、いえ日本一になりたいのです。
売上げを上げるためには、仕入れ先の生産者様と販売先である買い手様の数を増やし、
パイプを太くするしかない。いたってシンプルです。シンプルだからこそ、工夫や挑戦のやりがいがあり、活躍できるチャンスがあるのです。

代表取締役社長

月田 求仁敬